株式投資

株初心者の私が『日本の高配当株』の買う基準を決めた話

高配当株買う基準

 

株初心者のシュシュまるです。

 

今年の2022年2月(今5月)から積み立てNISAiDeCoを始めたのだが、

 

配当金も欲しい!月5万は欲しい!と思うようになり、

 

米国高配当ETFと、日本の高配当株も少しずつ買うことに。

 

ちなみに、日本の高配当株は「ネオモバイル証券」で買っています。

 

ネオモバイル証券だと、1株から購入ができて、さらにはTポイントでも買えるという、初心者に嬉しい買い方ができるのである。

 

こんなにも、初心者に優しく、お金があんまりない人でも買えるネオモバイル証券を使っているのに、私はしょっぱなから迷走することになった。

 

国内高配当株投資開始

 

最初

 

銘柄はYOUTUBEで紹介されてるものを、まずは買ってみようと決めていた。

 

なので、迷うことなく次々と購入していった。

 

セクターとやらを分散した方がいいと聞いていたので、とりあえず100社買えば、分散になるやろという気持ちだった。

 

そして、ある時気づく。

 

あれ? 利回り4%って言うてたけど、3%台やん。

 

この銘柄4%言うてましたやん。

 

株価によって利回りが変わるということを知らなかった私。

 

ほな、株価が下がって、4%以上になるまで待たなあかんってこと?

 

いったん中止!

 

日本の株買うの中止!

 

株は、買ったら売らないって決めたのに、すぐに売りたくなる私。

 

売るのはとりあえず置いといて、このままではいつ買えばいいのかわからん。

 

「いつ買うのが正解なん?」

「各銘柄のグラフ見たけど、だからなんなん?」

「今までで一番高いっぽいけど、下がるまで待つのか?」

「でも買わないと配当金入ってけえへんやん」

 

あかん、わけわからん。

 

という感じで、迷走しだして、買うことが怖くなってしまった。

 

株式投資もうやめたい。

 

早ッ!

 

いや、おちつけ。

 

やめるには早すぎる、考えてみなさい、まだ配当金一回も貰ってないやん。

 

よし、こういう時は、先人の話を聞く…だな。

 

 

株の本

 

そして、デカ目の本屋へいってきた。

 

ある本に釘付けになった。

 

オートモードで月に18.5万円が入ってくる「高配当」株投資

ど素人サラリーマンが元手5万円スタートでできた! オートモードで月に18.5万円が入ってくる「高配当」株投資

 

なんて長いタイトル。

 

「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」
「別れましょう私から消えましょうあなたから」

 

このCDのタイトル見た時も「長っ」て思ったけど、それよりもめっちゃ長いタイトル。

 

しかし、なんて素敵なタイトル。

 

月5万を目標にしている私にとっては、もはや未知の領域月18.5万円

 

私はあなたに会うために生まれてきました。

 

他の本には目もくれず、会計へ。

 

ツタヤの無人清算むず。

 

私はこの人の本を読んでから、日本の高配当株の買い方を考えた。

 

 

分散投資

分散投資

 

分散投資をしろと、株のことを教えてくれるYOUTUBEでさんざん言っていたので、

 

いろんな会社の株を買うことは決めていて、

 

キリのいいところで、100社の株を買おうと思っていた。

 

高配当株の会社が日本に100社あるのかは分らんけど。

 

とにかく、100社の株を1株ずつ買って、次は2株ずつ…3株ずつ…と増やしていこうと考えていたのだ。

 

しかし、買ってきた本に、まず20銘柄を1株づつ買う、

 

そしてこの後、

 

各銘柄への投資金額を均一に調整

 

え? 均一に調整? どういう意味?

 

さすが、師匠。

 

そんな疑問を抱く初心者のために、具体的に書いてくれていた。

 

一番高い銘柄:1株6000円
一番安い銘柄:1株600円×10

どちらも6000円、

 

他の銘柄も同じように6000円になるように買う。

 

ほうほう。

 

分散って金額同じにするのか。

 

それは知らなんだ。

 

これだけでも、この本を買ってよかったと思った。

 

しかし、私はすでに同じ株を3株とか買っていたので、とりあえず全部1万円くらいになるように調整することにした。

 

 

PER

per2

 

買った本に、株価収益率(PER)の説明が乗ってて、計算方法も書いてた。

 

しかし、私には理解できなかったのだが、一般的に15倍程度が適正で、15倍下回ると比較的適正な水準、10倍以下だと割安、20倍以上だと割高て書いてあった。

 

意味は分からないが、自分が買おうと思っている銘柄をネットで検索して、15倍以下じゃないと買わないと決めた。

 

PERの読み方がわからんので、私は「ペー」って読んでる。

 

 

利回り4%

配当利回り

 

高配当を、利回り何%のことを言うのかわからないが、私は利回り4%以上の株のことを高配当株と呼ぶことに決めた。

 

そして、利回り4%より低い時は買わないと決めた。

 

日本の高配当株のオススメ銘柄を紹介しているブログやYOUTUBEを見て書き出して、それを順番に買っていたのだが、

 

銘柄の横に今の利回りを書いて、もうちょっとで4%になりそうってやつは、色を付けてわかりやすくして、株価が下がって利回り4%になってから買うって感じにした。

 

 

IR BANKを見る

IR BANK

 

両学長 リベラルアーツ大学」ていうYOUTUBEで、

 

IR BANKで企業の過去の業績を見る方法を教えてくれてて

 

・売上高
・EPS
・営業利益率
・自己資本比率
・営業活動によるCF
・現金等
・1株当たりの配当金
・配当性向

 

この項目を見て買うか判断しようって、初心者には思いもつかない方法を伝授してくれた。

 

全部の項目が良ければ◎、おしいやつは〇、まあまあなやつは△、全然だめだって思うやつは×をつけて、

 

×は買わない。◎と〇は買う、△は有名な企業でつぶれなさそうなら買う、って感じで買う基準を作った。

 

 

私の買い方

シュシュまる手

 

これを全部合わせると、

 

① YOUTUBEやブログで紹介されている、おすすめの国内高配当銘柄を書き出す。

IR BANKで過去の業績を見て、◎〇△×をつけて買うか判断する。

↑の表を作っておく。

 

③ 銘柄を検索して利回りが4%以上か確認する。

④ 4%以上だったら、どっかのサイトで出してるPERを見て、15倍以下か確認する。

利回り4%以上で、PERが15倍以下なら1株買う。

 

この工程を入れることにした。

 

この工程のおかげで、迷うことなく、機械的に買えるようになった。

 

あとは、今は1銘柄1万円までって決めてるので、あらかじめ、この銘柄は何株まで買っていいかって表に書いておいて、各銘柄への投資金額を均一に調整しながら買う。

 

私が作った表↓買う基準

こんな感じで、エクセルで作った。

 

右の方にはもっと、今の株価、1年以内で一番安かった株価、5年以内で一番安かった株価、優待は何、なにしてる会社とかも書いてる。

 

勉強して、基準が増えるかもしれんけど、今のところ、私の国内高配当株の買う基準はこんな感じ。

 

利回り4%以下のやつとか、15倍以上のやつ持ってるのいややわ~。売らへんけど。

 

あと、株主優待をもらうのも目標で、余裕が出来たら、ケンタッキーの株主優待が欲しい。週1くらいで食べてる。

 

朝一の出来立てめっちゃうまいよ。めっちゃ熱いけど。

 

-株式投資